January 6, 2011

Free style

どーも~、TETSUっス!
今日もネタが無いんで動画でごまかすよー!

Wonka Vs. Seoul from vincent shim on Vimeo.

Throwaway Weirdyvision from WRAHW on Vimeo.

やっぱ Wonka はハンパないね。
個人的にペグでグラインドするのはあまり好きじゃないけど、とにかく上手いね。
バースピンも完全に空中でキャッチしてるし。
こんだけ乗れたら楽しいだろうな。
こうやって見ると 26 インチもありだね。
何と言っても太いタイヤが履けるのが良い。
見てて安心感があるもんな。
オレは BMX 乗りだからたぶん 26 インチの方が好みかも。
でも、Volume の Vandal はちょっとどうかな?って思う。
やりすぎだよね、あれは。
全く Track bike の面影がないもんな。
Steven Jensen みたくスラッシャーに 26 インチってのがカッコ良いね。
26 インチ専用設計のフレームの方が BB ハイトとかチェーンステー長とかジオメトリーからいうと断然乗りやすいんだろうけどね。
でも、見た目がコンパクトになりすぎてて好みじゃないな。
だから 700C 用の小さめサイズのフレームに 26 インチってのが良いかもね。
ま、これはオレ個人の好みの話。
乗り方にしてもバイクの仕様にしても、人それぞれ。
フリースタイルだからこそ面白いんだよね。

4 comments:

イケダ said...

いや〜あのスローピングならもうカセットハブ付けてMTBにせいって感じですもんねw風情がないですな。おれも苦手です。26インチでも2.1くらいのタイヤ履ければ外径は700Cの細いタイヤ付けた外径とそんなに大差はないかなーなんてぼんやり思ってます。検証してませんがw

エネ said...

FIXEDってよくあれで足が合いますよね。
慣れの問題かな??

TETSU said...

>イッケー

確かに Track bike の魅力はホリゾンタルもしくは弱スローピングのフレーム形状の美しさにあるよね。
オレもそこに魅かれるんだわ。

リムとタイヤの選択肢が広がるってのも 26 インチのメリットだよね。

TETSU said...

>エネちゃん

スタンスを合わせるのはクランクの回転と進む距離を考慮してアプローチ時にノーズマニュアル状態で調整することで踏み切り時にスタンスがちょうど合うようにするんだよ。
その煩わしさも FIXED の魅力かもね。