January 13, 2011

Calculation

Resist Winter Edit from Matthew Spencer on Vimeo.

Resist の新しい Web editっス。
この2人めっちゃ上手いよな。
スムーズで流れるようなライディング。
特にオレは Congo の乗り方が好きだね。
バースピンもキレイだし、360°も上手い。
FIXED でフェイキーから段差をキャブで降りるのって、かなり難しそう。
フェイキーしながらもスタンスを合わせなければいけないからな。
でも、その分おもしろいんだろうね。
BMX でこれをやるんでも、フリコでやるよりカセットハブでやる方が難易度高くって断然おもしろいもんな。
やった事ないからわからないけど、FIXED でスタンスを合わせる時ってクランクが1回転したらどのくらい進むかってのを把握しておけば良いんだろうね。
そんなんで、ちょっと計算してみたっス。

①一般的なセッティング(700C リム,45C タイヤ,36T スプロケ,13T コグ)
タイヤの外径 : 712㎜
タイヤが1回転して進む距離 : 0.712m × 3.141592 = 2.237m
ギア比 : 2.77
クランク1回転で進む距離 : 2.237m × 2.77 = 6.196m

②マニアックなセッティング(26"リム,2.1"タイヤ,36T スプロケ,14T コグ)
タイヤの外径 : 666㎜
タイヤが1回転して進む距離 : 0.666m × 3.141592 = 2.092m
ギア比 : 2.57
クランク1回転で進む距離 : 2.092m × 2.57 = 5.376m

FIXED ライダーの動画を見てると、だいたい逆スタンスの時にスキップして合わせてる人が多いよな。
ということはクランクは半回転だから、①の場合だと約 3.1m 、②の場合だと約 2.7m 手前で逆スタンスでスキップすれば、ちょうど良い足の位置で踏み切れるということだね。
なるほど、なるほど。
ま、これは机上の計算であって、実際にはタイヤが潰れるから多少距離は短くなる傾向にあるだろうけどね。
こんな風にちょっとした計算をしてみるっていうのも、チャリの楽しみ方の一つかもね。

2 comments:

イケダ said...

なるほど〜〜〜計算すると分かりやすいですね。僕は全くの文系頭で数字が苦手なんでこういう計算あんまりしないなあ。距離の合わせを目測で正確にやるってかなり慣れが必要だろうな。面白そうだ〜!w

TETSU said...

>イッケー

オレは理系出身だから計算するのけっこう好きかも。
といっても、難しい数式はもう忘れちゃってるけどね。

FIXED 納車したらぜひ試してみて。