April 23, 2009

ワンオフ

昨日、今日とリアのハブガードを付けるのに悪戦苦闘。
前に記事に書いたとおり、NEWフレームはエンドの幅が狭くってハブだけでいっぱいいっぱいだった。
仕方ないんで、ガード付ける側の玉押しを削ってみた。
そしたら今度はハブガードのフランジ側がスポークに当たって全くダメ。
ってなことで、ハブガードのフランジ側を 5㎜ くらい削ってみた。
もちろん、きちんと面取りもしたっス。
そんで装着してみたら、新たな問題が発生。
エンドが小さいせいで、チェーンステイの溶接の盛り上がり部分にガードが干渉してきちんと入んない。
だから UNITED のハブガードはエンド側の径が小さ目になってるんだ。
なるほどね~。
UNITED のハブガードを買うしかないか・・・
いや、ここは削って対応ってなことでヤスリでゴリゴリとやってみた。
そして出来上がったのがコレ↓


けっこうなワンオフ状態。
殆んどを手作業でやったんで、めっちゃ疲れたっス。
明日筋肉痛になりそうだ。
しかも、頑張り過ぎて手に水ぶくれができちゃったし。
組み上がりはこんな感じ↓


何とか綺麗に収まってくれた。
これで安心してレールも入れるな。
金をかけずに手間をかけたオレってめっちゃ偉い!(←自画自賛)

2 comments:

イケダ said...

えらい!グラインダーでやれば楽だったんでしょうけど…

次はこれをポリッシュ化するんですねw

TETSU said...

ガードのフランジ側を削るのだけはグラインダー使ったよ。
でも、後は手作業。
玉押し削るのがけっこう大変だった。
実は削り過ぎて2㎜のワッシャーを入れているのはココだけの秘密。

ガードは削れて天然ポリッシュになるからそのままで。